ハイロンの徒然日記

日常で起こったことや感じたことを紹介するハイロンの日記ブログです!

「ライズ・オブ・デュエリスト」の注目しているカード~part2~【遊戯王の話】

遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISE OF THE DUELIST BOX(初回生産限定版)

こんばんは。

今回は、現時点で判明している「ライズ・オブ・デュエリスト」の収録カードから、僕が注目しているカードをリストアップして紹介したいと思います。

 

前回、紹介したものと合せて、見ていただけると幸いです。

hairon-tsurezure-diary.hatenablog.jp

 

教導(ドラグマ)シリーズ

f:id:hairon36:20200414145554j:plain

教導の騎士フルルドリス

星8 光 魔法使い族 2500/2500 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。自分フィールドに他の「ドラグマ」モンスターが存在する場合、さらにフィールドの表側表示モンスター1体を選んでその効果をターン終了時まで無効にできる。

②:自分の「ドラグマ」モンスターの攻撃宣言時に発動できる。自分フィールドの全ての「ドラグマ」モンスターの攻撃力は500アップする。

「教導(ドラグマ)」は、新たに登場するテーマで、「EXデッキのモンスター」に関する効果を持つのが特徴です。

 

その中でも「教導の鉄槌テオ」、「教導の天啓アディン」、「教導の騎士フルルドリス」の3枚は、「EXデッキから特殊召喚されたモンスター」がフィールドに存在する場合に、手札から特殊召喚できる効果を持っているので、比較手に扱いやすいモンスターになりそうです。

 

「ドラグマ」モンスターは魔法使い族なので、特殊召喚した後は「ルドラの魔導書」や「ワンダー・ワンド」のコストにしてドローしたり、アドバンス召喚のリリース素材やシンクロ・エクシーズ・リンク素材にするといいでしょう。

 

ちなみにですが、この『EXデッキから特殊召喚されたモンスター』に関しては、自分・相手フィールドを問わないので、特殊召喚する機会は多め。

「教導の騎士フルルドリス」に限っては、相手メインフェイズでも特殊召喚でき、条件を満たすと、モンスターの効果を無効にすることもできるので、「教導の聖女エクレシア」や「天底の使徒」とともに出張できるカードではないかと思ってます。

 

教導の鉄槌テオ

f:id:hairon36:20200414145528j:image

星4 光 魔法使い族 1800/1500

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:このカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。

③:EXデッキから特殊召喚されたフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。ターン終了時まで、このカードの攻撃力は600アップし、対象のモンスターの攻撃力は600ダウンする。


教導の天啓アディン

f:id:hairon36:20200414145542j:image

星4 光 魔法使い族 1000/1800

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:このカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。

③:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「教導の天啓アディン」以外の「ドラグマ」モンスター1体を特殊召喚する。

 

アルバスセット「アルバスの落胤「灰燼竜バスタード」

f:id:hairon36:20200414145606j:plain

アルバスの落胤

星4 闇 ドラゴン族 1800/0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分・相手フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。

まずはじめに、アルバスセットとは、「アルバスの落胤」+「灰燼竜バスタード」セットのことです。

 

「アルバスの落胤」は、召喚・特殊召喚に成功した場合に、「超融合」を内蔵した効果を持つモンスターで、相手モンスターを巻き込みながら融合召喚ができるので、非常に注目してます。

 実質、対象を取らない形の除去になり、特殊召喚時にも効果が発動するので、フリーチェーンの蘇生カードも取り入れることができますね。

 

一部の「ドラグマ」カードのサポートを受けれますが、このカード自体は「ドラグマ」とは相性が悪いので、単体で出張させて使うのがいいのかなと思います。

 

このカードで狙う融合モンスターですが、「この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。」とあるので、複数体を融合素材とする融合モンスターは出しにくいので、シンプルに「灰燼竜バスタード」や「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」あたりになるかと思います。

 

「灰燼竜バスタード」は、「アルバスの落胤」と攻撃力2500以上のモンスターで融合召喚できるモンスターで、融合素材にしたモンスターのレベルの合計×100アップするので、相手のエクシーズやリンクモンスターを素材にしても、「アルバスの落胤」のレベル分があるので、最低でも攻撃力2900のモンスターになります。

 

さらに、融合召喚に成功したターン、「灰燼竜バスタード」はEXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けず、墓地へ送られたターンのエンドフェイズに「ドラグマ」か「アルバスの落胤」をデッキからサーチか特殊召喚する保険効果を持っているので、優先順位は高めです。

 

問題は、攻撃力2500以上のモンスターが相手フィールドにいるかどうかになってきますが、その点は「壊獣」でも解決しそうですね。

 あとは、「灰燼竜バスタード」が「アルバスの落胤」を融合素材指定しているため「融合派兵」を使うのもいいですね。

 

「ドラグマ」や「アルバスの落胤」が10期で言う「星杯」という立ち位置ならば、今後の通常パックでも何かしらの強化が来ると思うので、そういう意味でも注目しておきたいところです。

 

灰燼竜バスタード

f:id:hairon36:20200414145618j:image

星8 闇 ドラゴン族/融合 2500/2000 
「アルバスの落胤」+攻撃力2500以上のモンスター
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードの攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする。

②:このカードが融合召喚に成功したターン、このカードはEXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けない。

③:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

 

六花聖ストレナエ

f:id:hairon36:20200414145629j:image

ランク4 水 植物族/エクシーズ 2000/2000
レベル4モンスター×2
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードのX素材を1つ取り除き、自分の墓地の、植物族モンスター1体または「六花」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

②:X素材を持ったこのカードがリリースされた場合に発動できる。自分のEXデッキ・墓地からランク5以上の植物族Xモンスター1体を選んで特殊召喚する。その後、このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材にできる。

 「六花聖ストレナエ」は、「六花」モンスターでありながら、それ以外のデッキでも使えるランク4のエクシーズモンスターで、①の効果は、植物族モンスターか「六花」カードのサルベージといったところ。

植物族モンスターがいる「蟲惑魔」でも「ティオの蟲惑魔」を回収するのに利用できそうですね。
 

②の効果は、エクシーズ素材を持ったままリリースされるとEXデッキ・墓地からランク5以上の植物族エクシーズモンスター1体を特殊召喚するというもので、そちらが注目ポイントになります。

 

 ちなみにランク5以上の植物族エクシーズモンスターには、

〈ランク8〉

●No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツ

●森羅の守神 アルセイ

●六花聖ティアドロップ


〈ランク7〉
●森羅の鎮神 オレイア


〈ランク6〉 
●妖精騎士イングナル
●六花聖カンザシ

がいて、全体的にはランク8が狙い目です。

 

なお「妖精騎士イングナル」なのですが、効果を使うにはエクシーズ素材が2つ必要なので、エクシーズ素材を追加するカードを使わない限りは出番が少なそうです。

(一応、守備力は高いです。)

 

今後、植物族エクシーズモンスターが増えると「六花聖ストレナエ」の評価も見直されるかもしれないですね。

 

旋壊のヴェスペネイト

f:id:hairon36:20200414145640j:image

ランク5 地 機械族/エクシーズ 2500/2100

レベル5モンスター×2

「旋壊のヴェスペネイト」は1ターンに1度、自分フィールドのランク4のXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。このカードはX召喚されたターンにはX素材にできない。このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

②:X召喚したこのカードが相手によって破壊された場合、自分の墓地のレベル5以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

「旋壊のヴェスペネイト」は、ランク4のエクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚できるという点が最大の注目ポイントになります。

 

効果に派手さはないですが、守備貫通を持ち、相手によって破壊された場合、自分の墓地のレベル5以下のモンスター1体を特殊召喚できるので、前述した「アルバスの落胤」などのモンスターを蘇生すると面白いですね。

 

レベル4のモンスターを使うデッキは多いので、蘇生カードとしてEXデッキに入れておきたいです。

 

天底の使徒

f:id:hairon36:20200414145653j:image

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。その後、墓地へ送ったモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

「天底の使徒」は、「ドラグマ」モンスターや「アルバスの落胤」をサーチ・サルベージできる魔法カードですが、注目すべきポイントは、EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る点です。

 

この効果を利用して、攻撃力1800以上のモンスターを送れば、下級の「ドラグマ」モンスターや「アルバスの落胤」であればどれでもサーチorサルベージできるので、それに該当しつつ、汎用的な効果を持つモンスターを挙げると

灰燼竜バスタード

旧神ヌトス

捕食植物キメラフレシア

PSYフレームロード・Ω

ウィンドペガサス@イグニスター

の5種類になります。

「ドラグマ」デッキであれば、「灰燼竜バスタード」にすると、エンドフェイズにデッキからの特殊召喚か、手札が増やせますね。

それ以外のデッキでは、「旧神ヌトス」や「PSYフレームロード・Ω」がベター。

 

あとは、デッキのタイプによっては、

ヴァレルロード・F・ドラゴン

月光舞剣虎姫

サイバー・エタニティ・ドラゴン

新生代化石竜スカルガー※発売は7月

中生代化石騎士スカルナイト※発売は7月

といったモンスターも候補になってくるかもしれないですね。

 

なお、『このカードの発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。』という制約があるので、発動した後の展開には注意が必要です。

 

三戦の才

f:id:hairon36:20200414145711j:image

通常魔法 
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:このターンの自分メインフェイズに相手がモンスターの効果を発動している場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●自分はデッキから2枚ドローする。

●相手フィールドのモンスター1体を選び、エンドフェイズまでコントロールを得る。

●相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んでデッキに戻す。

自分のメインフェイズに、相手がモンスター効果を発動した後に使えて、効果が選べる魔法カードで、選べる効果は、まさに現在禁止カードとなっている「強欲な壺」、「心変わり」、「強引な番兵」と言える効果で、どれも実用的で汎用な効果となってます。


自分のメインフェイズに、相手がモンスターの効果を発動するケースとしては、手札誘発や効果を無効にする制圧系のモンスターなどが挙げられるので、発動機会は多め。

ただ、相手ターンでも手札誘発や墓地効果を防げる「墓穴の指名者」という強力なライバルがいるので、メインからの採用は厳しそうですが、「三戦の才」の特徴は相手の効果を利用してチャンスを広げる意味合いがあるカードなので、サイドデッキに忍ばせておくのもいいでしょうね。

 

ドラグマ・パニッシュメント

f:id:hairon36:20200415120946j:image

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスター1体を自分のEXデッキから墓地へ送り、対象のモンスターを破壊する。このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

「ドラグマ」カードでありながら、「ドラグマ」サポートではない罠カードで、スルーしそうになってしまいましたが、汎用除去カードでした。

 

相手モンスターに対して対象を取りますが、そのモンスターの攻撃力以上のモンスター1体を自分のEXデッキから墓地へ送って、対象のモンスターを破壊するので、攻撃力が4500の「青眼の究極竜」、「青眼の究極亜竜」、「真青眼の究極竜」を送れば、破壊耐性や対象にならない、カードの効果を受けないなどの耐性を持っていない限り、ほとんどのモンスターを破壊することができ、「天底の使徒」で挙げたモンスターなどを送れば、何かしらのアドバンテージに繋がりますね。

 

「発動後、次の自分ターンの終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。」という制約がありますが、「強欲で金満な壺」が入るデッキであればEXデッキを触らないので、「ドラグマ・パニッシュメント」とともにこれからは「旧神ヌトス」や「PSYフレームロード・Ω」、「ウィンドペガサス@イグニスター」で固められるかもしれないですね。

 

最後に

前回のpart1は、個別テーマ寄りのカードが多かったのですが、今回は汎用的なカードや出張できそうなカードが多かったですね。

 

特に「ドラグマ」関連のカードは、EXデッキを使わないデッキにとって、サポートカードとなりそうなカードが多いので、要チェックですね。

 

ではこのあたりで終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

「ライズ・オブ・デュエリスト」は、4月18日(土)発売!

初回生産限定版には、「+1(プラスワン)ボーナスパック」1パック(1枚入り)がボックス内に同梱されていますので、今のうちに予約しておくことをおすすめします。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISE OF THE DUELIST BOX(初回生産限定版)

遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISE OF THE DUELIST BOX(初回生産限定版)

  • 発売日: 2020/04/18
  • メディア: おもちゃ&ホビー