ハイロンの徒然日記

日常で起こったことや感じたことを紹介するハイロンの日記ブログです!

「ライズ・オブ・デュエリスト」の注目しているカード~part1~【遊戯王の話】

遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISE OF THE DUELIST BOX(初回生産限定版)

こんばんは。

今回は、現時点で判明している「ライズ・オブ・デュエリスト」の収録カードから、僕が注目しているカードをリストアップして紹介したいと思います。

 

リストアップしたカードはこちらです。

砲撃のカタパルト・タートル

f:id:hairon36:20200411211933j:image

まずは、「砲撃のカタパルト・タートル」ですが、注目ポイントは、リリースするとデッキから「暗黒騎士ガイア」モンスターまたはドラゴン族・レベル5モンスター1体をリクルートできる点です。

 

現状リクルートできるモンスターで有名どころは、「暗黒騎士ガイア」やカース・オブ・ドラゴン系統のモンスター、「聖刻」の一部モンスター、「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」と限られていますが、今後のパックで、レベル5のドラゴン族が増えてくれば、リクルーターとしてこのカードの価値も上がるかもしれないですね。

 

砲撃のカタパルト・タートル

星4 水 水族 1000/2000 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。手札・デッキから「暗黒騎士ガイア」モンスターまたはドラゴン族・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。

 

サンダー・ハンド

f:id:hairon36:20200411212005j:image

 「サンダー・ハンド」ですが、「元々の攻撃力または元々の守備力が1600」モンスターのサポートになれるのが注目ポイントです。

該当するモンスターが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に、手札・墓地から特殊召喚しつつ、相手のカードを1枚破壊してくれるサポートができます。

 

「サンダー・ハンド」は雷族なので、手札から特殊召喚していれば、そのまま「超雷龍-サンダー・ドラゴン」になれるのもポイントが高いですね。

 

汎用なので、「元々の攻撃力または元々の守備力が1600」のモンスターが入っているデッキであれば、このカードを採用しても十分良いでしょうね。

 

サンダー・ハンド

星4 光 雷族 1600/1600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが手札・墓地に存在し、元々の攻撃力または元々の守備力が1600の自分フィールドの表側表示モンスターが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。

このカードを特殊召喚し、相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

揺海魚デッドリーフ

f:id:hairon36:20200411212049j:image

続いて「揺海魚デッドリーフ」ですが、こちらは魚族のサポートモンスターで、魚族の墓地肥やしから、ドロー効果を持つのがポイント。

 

「フィッシュボーグ」やシャーク系モンスターに、墓地へ送られた後に効果を発動する魚族がいますし、戻してドローする効果の方も、「素早いアンコウ」や「超古深海王シーラカンス」の効果を使うためのリソースをデッキに戻すという役割もできるので、魚族デッキでは重宝しそうなモンスターと言えそうです。

 

揺海魚デッドリーフ

星4 水 魚族 1500/1600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「揺海魚デッドリーフ」以外の魚族モンスター1体を墓地へ送る。

②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の魚族モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

リザード

f:id:hairon36:20200411212120j:image

魔法カードの「ブリザードですが、相手の表側の魔法カードがフィールドで発動する効果を無効化するのがポイントで、速攻魔法のため相手が使った魔法カードに対して発動すれば、実質そのカードを無効にできるので、一時的にその場をしのぐことができます。

 

ただ、対象となった魔法カードが墓地へ送られる場合は、手札に戻るので、次のターン以降に再び使われてしまうことを考える必要があります。

 

リザード

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。このターン、そのカード及びそのカードと元々のカード名が同じ魔法カードがフィールドで発動する効果は無効化される。このターン中に対象のカードが相手の墓地へ送られる場合、墓地へは行かず相手の手札に戻る。

 

竜神の激昂

f:id:hairon36:20200411212147j:image

「海竜神の激昂」は、「激流葬」をサーチしつつ、墓地では水属性モンスターの効果破壊から身代わりにできるカードですね。

 

つまり、このカードを経由して「激流葬」をサーチしていれば、自分のモンスターが水属性であれば、相手だけ「激流葬」の効果で破壊されるということを意味してますので、水属性デッキでは採用を考えてもいいかもしれないです。

 

最近、昔からある有名で強力なカードのサーチが増えていますね。

 

竜神の激昂

通常魔法

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:デッキから「激流葬」1枚を手札に加える。

②:自分フィールドの水属性モンスターが効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

禁じられた一滴

f:id:hairon36:20200411212218j:image

「禁じられた一滴」は、効果モンスターの攻撃力を半分にしつつ、効果を無効にする速攻魔法で、自分の手札・フィールドから墓地に送ったカードの数だけ、効果処理の時に選べるので、対象を取る効果に耐性を持つモンスターにも有効です。

 

さらに、発動時に送ったカードと同じ種類のカードを発動できない効果を持つのも心強いところ。

 

相手モンスターによって制圧盤面を作られた場合でもモンスターをコストにしていれば、このカードで崩すことができ、モンスター・魔法・罠の3種類のカードを送っていれば、「超融合」のテキスト外効果と同じような状況にすることもできます。

 

「冥王結界波」よりは小ぶりですが、「失楽の魔女」でサーチできるので、そのあたりで差別化を図りたいところです。

 

禁じられた一滴

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分の手札・フィールドから、このカード以外のカードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。その数だけ相手フィールドの効果モンスターを選ぶ。そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が半分になり、効果は無効化される。このカードの発動に対して、相手はこのカードを発動するために墓地へ送ったカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を発動できない。

 

天龍雪獄

f:id:hairon36:20200411212253j:image

「天龍雪獄」は、相手依存になりますが、相手の墓地からモンスター1体を効果を無効にして蘇生する罠カードですが、その後の任意効果が注目ポイントです。

 

その後の任意効果として、自分・相手のフィールドから同じ種族のモンスターを1体ずつ除外する効果もあり、こちらは相手のデッキの種族が統一されている場合に、「天龍雪獄」で蘇生したモンスターを使って、除外すると相手モンスターの除去にしつつ、墓地リソースも奪うという形にもなるので、種族メタとしてサイドデッキに忍ばせるカードとなるかもしれないですね。

 

天龍雪獄

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして自分フィールドに特殊召喚する。その後、自分及び相手フィールドから種族が同じとなるモンスターを1体ずつ選んで除外できる。

 

最後に

以上が、僕の注目している「ライズ・オブ・デュエリスト」のカードでした。

 

今回は、4月8日までに判明したカードの中から選んだので、それ以降に判明したカードについては、その2として、後日リストアップして紹介しようかなと思っておりますので、楽しみにしていただければと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

「ライズ・オブ・デュエリスト」は、4月18日(土)発売!

初回生産限定版には、「+1(プラスワン)ボーナスパック」1パック(1枚入り)がボックス内に同梱されていますので、今のうちに予約しておくことをおすすめします。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISE OF THE DUELIST BOX(初回生産限定版)

遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISE OF THE DUELIST BOX(初回生産限定版)

  • 発売日: 2020/04/18
  • メディア: おもちゃ&ホビー