ハイロンの徒然日記

日常で起こったことや感じたことを紹介するハイロンの日記ブログです!

「アルバスの落胤」を使ったデッキが作りたい!【遊戯王の話】

こんにちは!

最近、「ライズ・オブ・ザ・デュリスト」で登場した「アルバスの落胤」を使ったデッキを考えているのですけれども、なかなかまとまりそうでまとまらないハイロンです!

家にいる時は、大体そればかり考えています(笑)

 

今回、取り上げる「アルバスの落胤」についてですが、

アルバスの落胤

アルバスの落胤 スーパーレア 遊戯王 ライズ・オブ・ザ・デュエリスト rotd-jp011

星4 闇 ドラゴン族 1800/0 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。

融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分・相手フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。

という「超融合」の効果を内蔵したモンスターになってます。

 

はじめは「レプティレス・ヒュドラ」と「サイバース・ガジェット」で「レプティレス・ラミア」を作るデッキに出張させる形で考えていたのですが、結局「教導の聖女エクレシア」などの「ドラグマ」をベースにした方が強いのかなと思いはじめています。

(「ドラグマ」に対抗して、「アルバスの落胤」を主軸としたデッキを作ろうとスタートしたので、ものすごく、葛藤してます。)

 

一応、「アルバスの落胤」を主軸にした場合の利点としては、やはり「悪王アフリマ」+「闇黒世界-シャドウ・ディストピア」のセットと「超融合」を取り入れることができる点で、特に「闇黒世界-シャドウ・ディストピア」を張っておけば、相手モンスターを巻き込み放題で、取り入れたいところ。

 

このようにモンスターの除去に関しては非常に優れているのですが、手札コストでじわじわとこちらのアドバンテージが減って行ったり、融合召喚した後の盤面が心許ないところが課題ですかね。

ドローソースやバックが欲しいところで、その点は「ドラグマ」が持っている強みで、除去の「アルバスの落胤」、ボードアドバンテージの「ドラグマ」と言ったところですかね。

 

このような経緯を経て、考え練った構築をnoteにて公開しているので、そちらを見ていただければと思います。

note.com

 

というわけで今回は、 「アルバスの落胤」のお話しでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました!